1. TOP >
  2. 表彰・記念品 >
  3. 外面レーザー彫刻(レーザー表面彫刻)

外面レーザー彫刻(レーザー表面彫刻)
Surface Laser Sculpture

メモスタンド・ペーパーウエイト

外面レーザー彫刻とは?

レーザーでガラスの表面に彫刻するもので、彫りは浅いですがサンド彫刻に近い仕上がりになります。PCのデータから直接レーザー彫刻装置を動かすため、生産性が高くリーズナブルな価格でご提供できるようになりました。ペーパーウェイトの様な上下面が平行な製品が対象となります。

外面レーザー彫刻の行程

  1. PC側の準備
    ご支給いただいたデータ(下記参照)または弊社でデザインしたデータをPCから出力する準備をします。
    プリンター全体
  2. 製品のセット
    レーザー彫刻装置に合わせ専用の治具を使用して製品の位置決め作業を行います。
    治具
  3. 焦点調整
    製品の高さや厚みに合わせ焦点調整を行います。
    ガラスをセットする
  4. レーザー彫刻
    製品の外面にレーザーを照射し彫刻します。
    セットしたもの
  5. レーザー照射完了
    治具から取り出します。
    プリント中
  6. 製品検査
    熟練者の手により1個1個丁寧に検査とクリーニング作業を行います。
    完成品
  7. 箱詰
    検査で合格した製品のみ箱詰めされ、お客様の元へ出荷されます。
    マスキング

ご支給いただくデータについて

  1. アドビ・イラストレーターご使用の場合、各製品ページにある名入れ範囲図の内側にレイアウトしてください。アウトライン化されたロゴマークや、サインも彫刻出来ます。
    • 一部名入れ範囲図の無い製品もあります。
    • テキスト及び線はアウトライン化してください。
    • バージョンはCS1に下げて送ってください。
  2. イラストレーター以外のデータの場合はご相談ください。

詳しくは 外面レーザー彫刻 版下データ作成ルール(PDF形式)をご覧ください。
(Windowsは上記リンクを右クリックして[対象をファイルに保存]でダウンロードできます)
(Macはcontrol+クリックで出るメニューから[リンク先のファイルを別名で保存]でダウンロードできます)

デザインの入稿時のお願い(線の太さについて)

ガラスへの名入れ彫刻をご希望の場合、文字の大きさや線の太さにご注意下さい。 文字が小さいと潰れて読みにくくなってしまいます。

書体について

はっきり彫刻するためにゴシック体の使用をお奨めします。 文字サイズは8pt以上を推奨します。

サンドブラスト彫刻

明朝体や楷書体は細い部分が潰れる危険があります。明朝体を使用する場合は必ず10pt以上でお願いします。

サンドブラスト彫刻

線の太さについて

イラストレーターでご入稿の場合、線の太さ及び線の間を必ず0.65pt以上でお願いします。
(6pt・7ptの文字では線の太さや線の間がそれ以下になるため、字が潰れ美しい名入れが出来ません)
下は線を彫る場合と線を残して周りを彫る場合。

サンドブラスト彫刻 サンドブラスト彫刻


東京銀座にショールームがございます。お気軽にお越しください。
(※予約された方を優先させていただく場合がございます) 【地図表示】

株式会社メイクワン
東京都中央区銀座1-20-17押谷ビル6F
tel.:03-3562-3880 9:00AM-5:00PM(土日祝日は休み)
fax:03-3562-3770
e-mail:ginza@makeone.co.jp
1453128
MAKE-ONE
クリスタルのオリジナル制作ならメイクワン
お問合せは銀座ショールームまで
メール:ginza@makeone.co.jp
電話:03-3562-3880

1  クリスタルガラス
  特注品製作 (B to B)

2  表彰・記念品
 

37 お見積りご注文案内
   (送料・総費用等)

38 アクセサリー
   インテリア